Home > オフラインゲーム > ペルソナ4

ペルソナ4

キャプションに、「中心になるのは、たぶんオンラインゲーム」とか
書いておきながら、ちっともオンゲのことを書いてない気がする
今日この頃だけど、別にどうでもいいやと思った。


で、掲題どおり「ペルソナ4」。
初代である「女神異聞録ペルソナ」が出たのが1996年。
思えば、初代がでてから12年も経ってるんですね。

女神転生と一口にいっても、
・FC版(後にSFCで「旧約~」としてI・IIをまとめたものがリリース)シリーズ
・「真」シリーズ
・PC9801/Winででた「偽典・女神転生」
・「デビルサマナー」シリーズ
・「ペルソナ」シリーズ
・GBの「デビルチルドレン」シリーズ
などなど、コンセプトによって多種類のシリーズがあります。

で、「ペルソナ」シリーズですが、舞台は一貫して高校生を主軸にすえた
シリーズとなっています(「ペルソナ2・罰」のみ若干例外)。

見方を変えれば、「末那(マナ)識」「阿頼耶(アラヤ)識」といった、
心理学的なテーマをモチーフとしているともいえるのですが、
一般的には前述の「多感なハイティーンズの成長を描いたRPG」と言っても
差し支えはないと思います。
さて、今回の「ペルソナ4(P4)」ですが、前作「ペルソナ3」で導入された
高校生活をよりリアリスティックに描写した授業、中間・期末試験、
部活etc.などの多忙な学生生活を送りつつ…、といった基本路線を
踏襲しています。

また、私は結構好きだったのですが、前作の「学生生活パートがだりぃ」
という意見を受けたのか、多少テンポもよくなりました。

今回のテーマは、とある田舎町におきた連続殺人事件。それに巻き込まれた
主人公達が「警察とは違う路線で事件を解決しよう!」というものになっています。

テーマがテーマだけに、全体的にオーソドックスなミステリー小説っぽく
進行するので、その手の小説が好きな人は結構楽しめるのではないでしょうか。

内容が内容だけに、あまり詳しく書くのも野暮ってものなので、気になる人は
やってみるといいでしょう。「買って損した」とまではいかないと思いますが、
「女神転生」シリーズ特有のクセはあるので、万人受けする保障はしません。

私も年をとったのか、このシリーズをプレイするたびに「中高生時代に
戻りたいなぁ」と思ったり。あと、徹夜でプレイすると目がきつくなってくる
あたりに、年月を感じる今日この頃であります。



ペルソナ4ペルソナ4
(2008/07/10)
PlayStation2

商品詳細を見る

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://ebibi.blog62.fc2.com/tb.php/48-6bca27f6
Listed below are links to weblogs that reference
ペルソナ4 from Neglect Life

Home > オフラインゲーム > ペルソナ4

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Links
Feeds

Page Top