Home > オンラインゲーム関係 > My memories of the nostalgic world /UO #2

My memories of the nostalgic world /UO #2

続きです。



Britainの街を歩き回るうちに道に迷い、気がつくと人の気配もなく、
聞こえるのは野生動物の鳴き声のみ。

その時はただひたすらに「街に戻りたい」の一心。
しかし、既に森の中の奥深く。自分がどこの方向から歩いてきたのか。
どの方角に向かえば元いた街に戻れるのかなどを判別する術はありません。

できることはただ2つ。
歩くことと、地面に落ちているものを拾うこと。
いつか戻れたときに拾ったものが役に立つかもしれないと思いながら
拾い続け、歩き続けました。

当てもなくさ迷ううちに森の切れ目から道を見つけます。
「これで戻れる」そう思った私は道にでて、とりあえず今向かっていた方向とは
逆向きになる形で道沿いに歩いていきました。

で、道にでて進んでいると見慣れない生物が。
 UOオーク





  ↑こんなの

マニュアルに掲載されてる画像によると「Orc」。オークです。
当然、作り立ての上道に迷ってるキャラ(戦闘スキル皆無)に勝てるわけが
ないので、見なかったことにして走って逃げようとします。

・・・が、向こうも走ってくる。その上、的確にこっちを追ってくる。
後から考えてみると、基本的にNPCが走る事はないので(足が速いのはいる)、
恐らくオークのコスプレをしたPKだったのだと思います。

UOでは走るとスタミナが減り、0になると回復するまで動けないのですが、
そんなことも知らなかった当時、急に1歩も前に進めなくなり焦る焦る。
そんなことをしてる間に追いつかれて、斧でガツン。

仮想世界の中ではありますが、こうして初めて他人に殺されました。

今でこそ、慣れた身ではありますので(M)PKされると頭に来るのが先立ちますが、
この時は本当に恐怖しかありませんでした。
例え死なずとも、現実に何らかの形で襲われる時もきっとこんな感じ
なのかも知れません。


で、死ぬとその場で復活するかオバケになって走り回るかの選択がでます。
その場復活だとステータスダウンのペナルティが、オバケになったらなったで
今まで拾い集めてきたもの(果物や魔法に使う触媒)が失われるわけですが、
この場で復活したところでまたすぐ死ぬのは目に見えてるので、とりあえず
オバケになるを選択。

UOオバケ







 ↑オバケはこんな感じ

ですが、マニュアルによると「幽霊状態が長く続くと、時間に伴いステータス・スキル等が
ダウンしていきます」と書いてあったので、即座に蘇生してくれるNPCを探さなきゃ、と
それはそれで焦ります(実は私が始める直前のパッチでこのペナルティは撤廃されてた)。

幸い、蘇生してくれるNPCが割合早く見つかったので現世に復帰。
ですが、さっきの逃走でまたどこがどこなのやらわからない状態に。

ここで考えること数分。
内容は・・・

確かBritainは一部が海に面していた

つまり海岸沿いに歩けばいつかはたどり着く

要するに海岸を見つけて、最悪歩いて大陸一周すれば戻れる


腹を決め、まずは海岸線を探してそこから大陸一周することに。

そんなこんなで、初日のプレイをlog out。
これから3日間をかけて、大陸を歩き回ることになるのですが、それはまた後日。

Comments:0

Comment Form

Home > オンラインゲーム関係 > My memories of the nostalgic world /UO #2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Links
Feeds

Page Top