Home > 2009年07月10日

2009年07月10日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

冷やしうどんの季節になりました

このニュースをみて、香川県のうどんに対する情熱はいろんな意味で異常だと思った。


「さぬきうどん科」狭き門…不況のせい(読売新聞 2009年7月10日)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090709-OYT1T00758.htm

景気低迷が続く中、「早い、安い、うまい」と三拍子そろった讃岐うどんに
各方面が熱い視線を注いでいる。

10日に合格発表がある香川県立丸亀高等技術学校(同県丸亀市港町)の
「さぬきうどん科」(定員15人)には、リストラの影響か過去最多の37人が
受験した。

コンビニ業界も知名度の高さを生かし、「讃岐」を冠したうどん商品を投入し、
県も小麦の品種開発に力を入れる。白く輝くうどんが不況打開の救世主となるか。

さぬきうどん科は全国の職業訓練校で唯一とされ、今年は関東から九州までの
28~61歳の男性35人と女性2人が出願。 「リストラなどで応募が増えた」と
担当者は分析する。 3日に適性試験と面接があり、17日に入校式が行われる。

(以下省略)


だから、ダムや水系を同じくする徳島県民が、取水制限のあおりを食らってうんざりしたり、
こんなコラ画像とかが作られたりするんですね。




とか、





とか。


どっかの妄想国家が「うどんはウリナラ起源ニダ」とか言ったら、
国の管理下からはずれて、独自に戦争仕掛けるんじゃなかろうか。

Home > 2009年07月10日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。